ピンセットでひげを抜くのは絶対NGと言われていますが、それは何故なのでしょうか。

まず、ピンセットでひげを抜いても脱毛にはならず、またひげは生えてきますので脱毛ということでは意味がありません。ですが、意外とピンセットでひげを脱毛しようという人やなんとなくひげを抜いてしまうという人は多いのです。しかしながら、ピンセットでひげを抜くという行為には多くのデメリットがつきまといます。そうしたデメリットはどんなデメリットなのか確認しておきましょう。

まず、ピンセットでヒゲを抜くと毛穴が広がり、毛穴の内部が傷つくことで炎症が起きて毛嚢炎などを発症し、それが治っても跡が残ることがありますし、色素沈着が起こることもあります。また、ヒゲを抜くことで出血したり肌を刺激してメラニン色素が多く発生してしまい、色素沈着が起こることもあります。さらに言えば抜くほど毛穴がどんどん広がっていきます。それにより角栓が詰まって酸化し、黒く汚く見え、角栓の詰まりを除いたりする必要が出てきます。そして埋没毛の問題もあります。毛が皮膚の内部で伸びてしまい、色素沈着や炎症を起こしてしまうことがあります。間違った方法で埋没毛に対処するとその後も頻繁に起こるため注意が必要です。最後にクリニックなどで脱毛の施術を行っている間にピンセットでヒゲを抜いてしまった場合には、そのヒゲは毛周期がずれてしまい、そのまま脱毛できずに残ってしまいます。そのためどこのクリニックやサロンでもこの行為は禁じています。

以上のようにピンセットでひげを抜く行為は百害あって一利なしです。絶対にしてはいけません。特にひげは他の体毛よりも太い毛で、毛根も深いところにあります。そうしたことから抜いた後の毛穴は通常の体毛よりも大きくなり、毛穴へのダメージも大きくなってしまうのです。そして、炎症や色素沈着が起こった場合には、顔という目立つところであるため周囲の人が気にしたり、周囲が気にしなくとも自分で非常に気になってしまうという結果になってしまいます。後のことを考ればピンセットで脱毛するというのはしなくなると思いますので、したいという欲求が出た場合にはデメリットを思い浮かべることをおすすめします。そして、ピンセットで脱毛をしようと思い立ったらサロンやクリニックで脱毛しようと思いなおしてください。それが一番確実な方法ですし、思い立ったときが一番その欲求が強いときですので、なかなか踏ん切りがつかないという人には良いタイミングです。ピンセットで後悔するなら多少出費等が痛くともサロンやクリニックで脱毛するほうが断然良い結果になります。

おすすめの記事